Bin 51 Eden Valley Riesling 2018 Screw Cap Bottle

ペンフォールズ・コレクション

ビン51エデン・ヴァレー・リースリング2018

ペンフォールズが推進する白ワイン開発プログラムの一環として1990年代に製造されたビン51エデン・ヴァレー・リースリングには、エデン・ヴァレーの多くの特性が現れています。高度が高く冷涼なこの地方は、長期の貯蔵が可能な、非常に洗練された優雅なリースリングを産出します。南オーストラリアは信頼できる世界クラスのリースリングの産出地として国際的に認知されていて、エデン・ヴァレーは常に重要な役割を果たしています。

若い頃は、はっきりとしたリンゴとライムの香りと、ミネラルの鋭い切れ味と自然な酸味がし、独特な口当たりとフレーバーを生み出しています。ペンフォールズはリースリング品種を使用し、長い間ワインを製造していますが、ペンフォールズ・ビン51エデン・ヴァレー・リースリングの進化により、この歴史で新しい章が開始されました。     

 

飲み頃
Taste Description

Colour
Light lime green.

Nose
Unashamedly Eden Valley fruits – ID’d instantly! All regional riesling markers on display.
An array of florals – white spring flowers (jonquil), and hints of fresh lime..
Crushed mixed-stone gravel … not quite at talc stage. Yet.
Aromatically extols an undeniable purity, minerality and freshness!

Palate
Very lime – citrus driven palate augmented by just ripe Granny Smith apple, cucumber granita and traces of juniper berry.
A distinct chalky acid presence noted, yet ideally balanced so as not to intrude or distract.
Admittedly a wishful second guess, but no reason to suspect why this palate shouldn’t remain intact over the next decade or three!
Imminently drinkable.

Scores

97 Points - Andrew Caillard MW

95 Points - Campbell Mattinson

92 Points - Huon Hooke

92 Points - Tyson Stelzer

92 Points Joe Czerwinski, Robert Parker's Wine Advocate

18.5+ - Matthew Jukes

Winemaker Quotes

“A chlorophyllic wonderland … green across all sensorial interfaces except palate … whereupon it is certainly not!”

"One 750ml bottle - simply not enough!"

“SCREAMS Eden Valley!.”

- Peter Gago, Penfolds Chief Winemaker

技術情報

産地:エデン・ヴァレー。

熟成: ステンレス容器で3か月。

ブドウ品種: リースリング。

Vintage Conditions

Above average winter rainfall in Eden Valley provided good soil moisture profiles leading into spring. Drier conditions then prevailed from September through to April which was 22% down on the long-term average. Spring provided ideal conditions for flowering and fruit set while the growing season experienced temperatures above the long-term average, with twelve summer days recorded above 35°C. Healthy canopies shielded the grapes from adversity and with careful use of supplementary irrigation the grapes were able to ripen evenly across blocks.

The 2018 vintage quality was exceptional, with lovely varietal flavour and natural acidity.

ファーストヴィンテージ

1999年 (当初のラベルは「エデン・ヴァレー・リザーブ・ビン・リースリング」)

「もしワイン醸造で成功をおさめたければ、すべてのワインメーカーはよい実りを生む想像力を持つべきだ。」

マックス・シューバート

ペンフォールズの初代チーフワインメーカー

Top