Bin 2 Shiraz Mataro 2016 Cork Bottle

ペンフォールズ・コレクション

ビン2シラーズ・マタロ2016

ビン2が最初に発表されたのは1960年。しかし白ワインブームが高まりを見せた1970年代にオーストラリアで生産が停止されました。オリジナルのビン2は「オーストラリアのブルゴーニュワイン」スタイル(ローヌ品種を使用していますが)で、多くの場合、シラーズをベースとしたソフトなミディアムボディのワインでした。ビン2シラーズ・マタロ・ブレンドは、今でもオーストラリア産のテーブルワインとしては比較的珍しいものです。モナストレル、ムールヴェードルとしても知られるマタロは、1830年代にオーストラリアに持ち込まれました。酒精強化ワインにも時々使用されるこの品種のブドウは、バロッサ・ヴァレーの各所に植樹されました。複雑さとしっかりした味わいを足してくれるブレンド属性によって、ワインメーカーに高く評価されています。伝統的なローヌ品種とブレンドに対する人気が増すにつれ、ビン2に対する興味も高まりました。
飲み頃

今 - 2024. 

Taste Description

Colour
Bright crimson.

Nose
Savoury, rather than fruity … albeit raspberry, pomegranate and satsuma plum aromatics do make their presence felt!
At this youthful stage, meaty pan scrapings laced with cardamom and a myriad of other spices suggest a blend sourced from more than one site, more than one variety.
A hint of dusty oak … but only a hint!

Palate
Meshed and well-integrated shiraz and mataro fruits, brimming with flavours of cured meats - notably venison, pistachio terrine.
Tannins and acidity draw out finish – these rounded tannins couple effortlessly with remnants of reluctant grainy oak.
This feathery tail flares out on the finish – no doubt aided and abetted by a crunchy and assertive mataro 15% blend shareholding.

Winemaker Quotes

“Not just another shiraz derivative. A time-proven Penfolds ‘Dry-Red’ style harking back well to the sixties
(not the 1860’s!).”

“Little doubting this wine’s penchant for food … and restaurant tables! Or, a table at home with family and friends.”

- Peter Gago, Penfolds Chief Winemaker

技術情報

産地: マクラーレン・ヴェイル、バロッサ・ヴァレー、ラングホーン・クリーク、ラットンブリー。

熟成: 乾燥したフレンチオークホッグスヘッド樽とアメリカンオークホッグスヘッド樽で12か月。

ブドウ品種:シラーズ 85%、マタロ 15%。

Vintage Conditions

Autumn and winter were dry and cool across South Australia. Record-low rainfall prevailed through September to March. The start of the growing season was slightly delayed in the Barossa Valley and other warmer regions. Warm conditions prevailed in the early part of the summer allowing vines to develop healthy canopies and good bunch set.

Some late rain in January and early February was a welcome relief. Temperatures in spring and early summer were above the long-term average, resulting in an early harvest for shiraz. Cooler conditions followed from mid-February which suited the later ripening mataro. Grapes across all the main growing regions were able to ripen evenly and develop desirable flavours.

ファーストヴィンテージ

1960.

Top