マックス

マックス・ザ・プロミス2016年末行事・贈り物

ペンフォールズで偉大な業績を残したマックス・シューバートは、お気に入りのワインを家族や友人にプレゼントしたものでした。これは人生の特別な機会に与えるワインの価値を理解していたからこその行動でした。こうした寛大な精神は現在でも受け継がれています。

そしてこの南オーストラリア産シラーズの特別発表につながることとなりました。

飲み頃
今飲んでも良いが、時間と共に熟成. 今- 2026. 
Taste Description

Colour
Ruby core with magenta brightness at the rim.

Nose
Shameless shiraz fruit generosity … berried brightness.
Blackberry, boysenberry and dark cherry pie.
With air, some cedar and sandalwood spice season the fruit.

Palate
Chocolate custard texture assists the palate to expand laterally, creating mouthfeel and viscosity.
Dark cacoa dusting and mention of sweet macaroons … almond-like complexity.
A taut acid spine creates focus, rhubarb succulence and slate-like on the finish.
Powdery tannins and oak provide boundaries for the fruit.

技術情報

産地:南オーストラリアの一流シラーズ品種のブドウ園。

熟成: 乾燥したアメリカンオークホッグスヘッド樽で12か月。

ブドウ品種: シラーズ。

Vintage Conditions

The start of the growing season was approximately one week late with budburst and shoot growth relatively even across the regions. Spring and summer were very dry with rainfall well below average. The mild summer and very few heat extremes days ensured the fruit was able to ripen evenly and develop desirable flavours.

ファーストヴィンテージ

2014.

Top