マックス

マックス・シラーズ2016

ペンフォールズ・マックス・シラーズは、ペンフォールズの社歴で素晴らしい業績を残したチーフワインメーカー、マックス・シューバート(1948~1975)の功績を称え造られたワインです。このワインは、マックスが今もペンフォールズのワインメーカー達と一緒にいたならば、100歳の誕生日(2015年2月9日)を迎えたことを記念し、発表されました。常に素晴らしいワインを作ろうと高い研究意欲を持っていたマックスに倣おうと続くワインメーカーが存在します。そして、こうしたワインメーカーは、ペンフォールズのステータスとヘリテージをさらに成長させようとしているのです。南オーストラリアのコンテンポラリーなシラーズで、フルーティーで、豊かなフレーバーの、均一した口当たりのワインです。

 

飲み頃
今飲んでも良いが、時間と共に熟成. - 2024. 
Taste Description

Colour
Vibrant ruby red.

Nose
Vanilla custard generosity and sweet spice combine……nutmeg, cinnamon, ginger. Pastille-like juiciness is suggested on the nose. A sign for what the palate offers?

Palate
Black cherry and blood plum create luscious texture and vibrant energy. Tiramisu creaminess……the coffee, dark and milk chocolate and Italian sweet spice. Tannins appear to assist a silky call-out and provide mid-palate expansion. Gloss and sheen ensure approachability.

技術情報

産地: マクラーレン・ヴェイル、バロッサ・ヴァレー、パザウェー。

熟成:乾燥したアメリカンオークホッグスヘッド樽とフレンチオークホッグスヘッド樽でバランスさせ、アメリカンオーク(新樽5%)で12か月。

ブドウ品種: シラーズ。

Vintage Conditions

Autumn and winter were dry and cool across South Australia. Record-low rainfall prevailed through September to March, with some relief seen only in January and February. The climactic conditions meant the start of the growing season was slightly delayed in most regions. The relatively mild ‘Indian’ summer, characterised by an absence of extreme heat, ensured the fruit was able to ripen evenly and develop desirable flavours.

ファーストヴィンテージ

2013.

Top