マックス

マックス・シラーズ・カベルネ2016

ペンフォールズ・マックス・シラーズ・カベルネは、ペンフォールズの社歴で素晴らしい業績を残したチーフワインメーカー、マックス・シューバート(1948~1975)の功績を称え造られたワインです。 このワインは、マックスが今もペンフォールズのワインメーカー達と一緒にいたならば、100歳の誕生日(2015年2月9日)を迎えたことを記念し、発表されました。常に素晴らしいワインを作ろうと高い研究意欲を持っていたマックスに倣おうと続くワインメーカーが存在します。そして、こうしたワインメーカーは、ペンフォールズワイナリーのステータスとヘリテージをさらに成長させようとしているのです。親しみやすいペンフォールズスタイルのワインです。熟成しても、すぐに飲んでも良いワインです。貯蔵の際はワインセラーをご利用ください。

飲み頃
 - 2028. 
Taste Description

Colour
Crimson core with magenta brightness at the rim.

Nose
A bluestone slatiness and waft of iron filings immediately captures attention, a Cabernet influence/lift perhaps? Almond cake sweetness and white chocolate create a web with boysenberry and blue fruit aromatics.

Palate
Structural grip and defined tannins wraps around a palate full of blueberry and mulberry brightness. Black olive and brine-like Nori savouriness add an extra dimension so that fruit doesn’t stand alone.

技術情報

産地: ラットンブリー、パザウェー、マクラーレン・ヴェイル、アッパー・アデレード、バロッサ・ヴァレー。

熟成:フレンチオークと(新樽4%)とアメリカンオーク(新樽2%)で12か月、そして乾燥したフレンチオーク(58%)とアメリカンオーク(36%)を使用。

ブドウ品種:シラーズ 70%、カベルネ 30%。

Vintage Conditions

Autumn and winter were dry and cool across South Australia. Record-low rainfall prevailed through September to March, with some relief seen only in January and February. The climactic conditions meant the start of the growing season was slightly delayed in most regions. The relatively mild ‘Indian’ summer, characterised by an absence of extreme heat, ensured the fruit was able to ripen evenly and develop desirable flavours.

ファーストヴィンテージ
2013.
Top