マックス

マックス・シャルドネ

ペンフォールズ・マックス・シャルドネは、ペンフォールズの社歴で素晴らしい業績を残したチーフワインメーカー、マックス・シューバート(19481975)の功績を称え造られたワインです。常に素晴らしいワインを作ろうと高い研究意欲を持っていたマックスに倣おうと続くワインメーカーが存在します。そして、こうしたワインメーカーは、ペンフォールズのステータスとヘリテージをさらに成長させようとしているのです。マックス・シャルドネは、マックス・シューバートからインスピレーションを得たペンフォールズの「刻印」です。

 

飲み頃

今飲んでも良いが、時間と共に熟成. 今- 2020. 

Taste Description

Colour
Very pale straw.

Nose
At once, inimitably Adelaide Hills aromatics… White stone fruits, notably peach & nectarine.
A suggestion of fig and spice – no doubt the clove aromatics arising from maturation in small French oak barriques.
This oak mirrors sweet and cedary characters with nuances of almond.

Palate
Stone fruits persist amid a pistachio nougat-like creaminess, more than likely derived from extended time on yeast lees.
Up-front oak tannins and long, lingering acidity combine to create an enticing phenolic ‘grip’, enhancing the overall structure of the palate.
Delightfully approachable. Why wait?

 

 

技術情報

産地: アデレード・ヒルズ。

熟成:新しいフレンチオーク(33%)、乾燥したフレンチオーク(52%)、年季の入った大樽(15%)。

ブドウ品種: シャルドネ。

Vintage Conditions

The Adelaide Hills 2016 growing season commenced under mild and dry conditions. Rainfall was below average throughout winter and dry conditions persisted through spring resulting in early vine growth. Conditions for fruit-set and flowering were favourable and contributed towards above average vintage yields. Rain events during late summer were, for the most part, pre-veraison.

Cool February conditions meant that ripening was steady and the slightly early start to vintage was a result of a mild and dry growing season. February and March weather allowed for a steady harvest, favourable flavour development and acid retention.

ファーストヴィンテージ

2015.

Top