マックス

マックス・シャルドネ

ペンフォールズ・マックス・シャルドネは、ペンフォールズの社歴で素晴らしい業績を残したチーフワインメーカー、マックス・シューバート(19481975)の功績を称え造られたワインです。常に素晴らしいワインを作ろうと高い研究意欲を持っていたマックスに倣おうと続くワインメーカーが存在します。そして、こうしたワインメーカーは、ペンフォールズのステータスとヘリテージをさらに成長させようとしているのです。マックス・シャルドネは、マックス・シューバートからインスピレーションを得たペンフォールズの「刻印」です。

 

飲み頃

今飲んでも良いが、時間と共に熟成. 今- 2020. 

Taste Description

Colour
The palest of straw, with green hues.

Nose
Sensitive oak management has given rise to enticing aromas of nougat, roasted hazelnuts and an array of spices.
Archetypical Adelaide Hills Chardonnay - white stone fruits ( peach and nectarine) prevail with just a hint of aromatic white flowers & blossom..

Palate
Flavours of citrus, white nectarine and lemon curd preside over complexing characters of almond meal and deft oak.
A delightful textural and creamy palate with a soft line of acid fading ever so slowly to a distant palate horizon.

技術情報

産地: アデレード・ヒルズ。

熟成:新しいフレンチオーク(33%)、乾燥したフレンチオーク(52%)、年季の入った大樽(15%)。

ブドウ品種: シャルドネ。

Vintage Conditions

Autumn and winter rainfall was above the long-term average. Rain stopped abruptly in early August with nothing more than light and infrequent showers observed throughout spring. Canopy growth was resultantly halted early in the season, setting up an open canopy structure. The challenge was therefore to work towards a balanced canopy development under such dry conditions.

A significant rainfall event in early January was a defining moment. This event revitalised vineyards and gave vines a much needed boost throughout veraison. Mild days coupled with cool nights provided consistent conditions from late-January through to March, allowing fruit to reach optimal ripeness whilst retaining natural acidity.

ファーストヴィンテージ

2015.

Top