マックス

マックス・カベルネ・ソーヴィニヨン2016

ペンフォールズ・マックス・カベルネ・ソーヴィニヨンは、ペンフォールズの社歴で素晴らしい業績を残したチーフワインメーカー、マックス・シューバート(1948~1975)の功績を称え造られたワインです。常に素晴らしいワインを作ろうと高い研究意欲を持っていたマックスに倣おうと続くワインメーカーが存在します。そして、こうしたワインメーカーは、ペンフォールズのステータスとヘリテージをさらに成長させようとしているのです。マックス・カベルネ・ソーヴィニヨンは、マックス・シューバートからインスピレーションを得たペンフォールズの「刻印」です。

飲み頃

今飲んでも良いが、時間と共に熟成. 今- 2026. 

Taste Description

Colour
Dark red with crimson hues.

Nose
Pink peppercorn, chargrilled zucchini and barbequed red meats is the instant perfume. Cedar and lavender incense waft in the background.

Palate
Taut in texture, fine tannin with a savoury profile. Cranberry represents the red fruit spectrum, with lingering flavours of yellow plum, bay leaf and sage. Root vegetable earthiness is evident on the finish. Structurally framed by beautifully integrated French and American oak, present but rarely mentioned.

 

技術情報

産地: ラットンブリー、マクラーレン・ヴェイル、クナワラ、バロッサ・ヴァレー、パザウェー。

熟成: 乾燥したアメリカンオークホッグスヘッド樽とフレンチオークホッグスヘッド樽でバランスさせ、アメリカンオーク(新樽5%)で12か月。

ブドウ品種: カベルネ・ソーヴィニヨン。

Vintage Conditions

Autumn and winter were dry and cool across South Australia. Record-low rainfall prevailed through September to March, with some relief seen only in January and February. The climactic conditions meant the start of the growing season was slightly delayed in most regions. The relatively mild ‘Indian’ summer, characterised by an absence of extreme heat, ensured the fruit was able to ripen evenly and develop desirable flavours.

ファーストヴィンテージ

2013.

Top