リミテッド・エディション

ザ・アンプール

ペンフォールズのアンプール・プロジェクトはデザイナー兼メーカーのヘンドリック・フォースターと、家具職人、アンドリュー・バートレット、グラスアーティストのニック・マウント、サイエンテイフィック・ガラスメーカーのレイ・リークとのコラボレーションで生まれました。

この中心にあるのが、カリムナブドウ園の2004年ブロック42カベルネ・ソーヴィニヨンです。ピーター・ゲイゴはこのコンセプトについて、次のように説明しています。「アンプールプロジェクトは、ワインの芸術性と科学に関する挑発的なステートメントです。2012年に最初に世界の関心を惹いたとき、メディアで大きく取り上げられました。アンプールはわずか12個が限定版として製造されました。ペンフォールズのヘリテージと南オーストラリアの創意とアイデンティティを結集した究極のワインコレクションとなりました。

飲み頃

2020-2045.

Taste Description

Color 
Bright deepened red, iris-purple on rim

Nose
A fusion of preserved figs, black plum, blackberry and black liquorice flirts with an aromatic elution of fish oil, anchovy, soy and sesame/nori.
Nascent scents of toasted charred meats (rotisserie rib of beef?), rendered fat/marrow ...
An uplifting freshness and higher notes are liberated with air – awakened scents akin to cola, Chinotto, aniseed, root beer.
Camouflaged (new!) oak has to be proactively sought out, verified.
Strikes a Grange stylistic bullseye, all boxes ticked.

Palate
A retronasal transfer of the aromatics listed above converge to similarly adorn the palate.
Full-bodied – turbo-propelled by a V.A./formic mix, affording attaque and grip, yet respectful of balance and style.
Custom-fitted with impressive density and length – all dark and black, harmonious.
Oak conceded – absorbed, compliant – effortlessly merging with blue and black fruits and dark chocolate/mocha notes.
Solid, malleable tannins, with an exacting acid coupling, serve to polish and elevate; no doubt soon to preserve.
Energetic, focussed. Much still to reveal ...

 

Winemaker Quotes

“Sophisticated and sculptured –a dynamic oscillation between muscularity/solidity and polish/sleekness. Grange.” 

- Peter Gago, Penfolds Chief Winemaker

技術情報

産地: バロッサ・ヴァレー、マクラーレン・ヴェイル。

熟成:100%新しいアメリカンオークホッグスヘッド樽で20か月

ブドウ品種: シラーズ 96%、カベルネ・ソーヴィニヨン 4%。

Vintage Conditions

Autumn and winter were dry and cool across South Australia. Below long-term average rainfall continued throughout spring and summer, resulting in a slightly delayed start to the growing season across the warmer districts. The early part of summer was warm, with plenty of sunshine, allowing shiraz vines to develop healthy canopies and good bunch set. Rainfall in late January and early February was a welcome relief across the state and greatly improved yield forecasts.

Optimal conditions in late summer and early autumn ensured the grapes were able to ripen evenly, develop desirable flavours and firm tannins.
The Barossa Valley and Clare Valley harvest was outstanding, for both yield and quality. McLaren Vale recorded only a handful of days above 40°C in December, with no heatwaves from veraison to harvest. Mild conditions were also welcomed at Magill Estate vineyard, where shiraz was able to ripen evenly across all three blocks. Grapes from the Magill Estate harvest were handpicked on the 11th and 12th of February.

グランジの物語

オーストラリアので最も高く評価されるワインの伝説は、発明、情熱、リスク、決意の物語です。この作品は、マックス・シューバートのオーストラリアワインに対する大望を実現したものです。

伝統的なオーストラリアの技術、ボルドーからの新しいアイディア、ペンフォールズで開発した精密なワイン醸造の実践を融合させ、マックスは最初の実験ワインを1951年に製造しました。

もっと知る

Top