クヌンガ・ヒル

クヌンガ・ヒル76シラーズ・カベルネ2016

クヌンガ・ヒル76シラーズ・カベルネは2006年ヴィンテージから発表が開始されました。このワインが最初に造られたのは30年前で、驚くほど長く愛されているスタイルに敬意を払ったものです。おなじみのワインを洗練させたもので、「奥行と複雑さをさらに深めた」ものとなっています。クヌンガ・ヒル76シラーズ・カベルネは、すぐに飲んで楽しむこともできますし、他のクヌンガ・ヒル赤ワイン同様、数年ボトル熟成をさせることもできます。

 

飲み頃
今- 2025.
Taste Description

Colour
Crimson with a glossy and bright lustre.

Nose
An instant ascent of fruits … lifted raspberry fruit jube/fruit pastille.

Moroccan spices and vanilla pod shroud meaty/crackling elements … very Penfolds, very Koonunga Hill!

A skerrick of cedar oak /pencil shavings; a reminder of the wine’s age at this point –undoubtedly soon to be absorbed & concealed.

Palate
Balanced and complete. Spicy and fruit-driven … however, this time it is blackberry not raspberry jubeson palate.

Non-obtrusive, yet just recognisable oak detected on finish.

Softened tannins and ‘just-right’ acidity invoke textural allure.

Ready herewith!

技術情報

産地: 南オーストラリア(バロッサ・ヴァレー、マクラーレン・ヴェイル、クナワラ)のマルチリージョナルブレンド。

熟成: 新しいオークホッグスヘッド樽と乾燥した年季の入ったオークホッグスヘッド樽で12か月熟成。

発酵: ステンレス容器。

ブドウ品種: シラーズとカベルネ・ソーヴィニヨン。

Vintage Conditions

The start of the growing season was delayed by below average winter rainfall and temperatures. Spring and summer were very dry in South Australia with barely any rain until late January.

Temperatures dipped significantly in February slowing the harvest for later ripening varietals such as Cabernet Sauvignon. The mild condition ensured the fruit could ripen evenly, developing desirable flavours and well rounded tannins.

ファーストヴィンテージ

2006. 

Top