クヌンガ・ヒル

クヌンガ・ヒル・シャルドネ2018

クヌンガ・ヒル・シャルドネはペンフォールズのマルチリージョン、マルチヴィンヤードブレンドポリシーを反映しています。このポリシーにより、ワインメーカーは各ワイン園から最も良いワインを選別、使用することで、常に高品質のワインを製造することができます。ミディアムボディの軽いシャルドネで、第一に独特なフルーティーなアロマがし、強さを維持しながら、適度に微妙なオークの香りがします。発表されたのは1991年。ペンフォールズ・クヌンガ・ヒル・シャルドネは、お求めやすい価格で素晴らしい品質を提供するオーストラリアで最もお得な白ワインの一本として、同社の赤ワインと肩を並べています。

飲み頃
今 - 2022. 今が最高の飲み頃
Taste Description

Colour
Vibrant pale straw.

Nose
Lovely tropical fruits, Granny Smith apple skin and hints of Nashi pear with supportive creamy nougat/praline oak.
Wonderful integration of oak!

Palate
A very balanced palate, with 6 months yeast lees contact evident in the texture of the palate.
The nougat/praline oak follows through with a crunchy citrus-like mouth watering acid to finish.
A Chardonnay that’s not too ‘heavy’ showing a nice lightness to the palate.

技術情報

産地: 南オーストラリア。

熟成: 発酵後すぐにボトル詰めし、フレッシュでミネラリーな状態を維持します。

発酵:ステンレス発酵容器。

ブドウ品種: シャルドネ。

Vintage Conditions
South Australia’s cool climate regions experienced above average winter rainfall providing good soil moisture profiles leading into the growing season. Drier conditions prevailed from September through to April. Spring provided ideal conditions for flowering and fruit set while the Summer temperatures rose above the long-term average. Healthy vine canopies shielded the berries from adversity and grapes were able to ripen evenly across the regions. The 2018 vintage quality was exceptional, with lovely varietal flavour and pronounced natural acidity.
ファーストヴィンテージ

2008.

「もしワイン醸造で成功をおさめたければ、すべてのワインメーカーはよい実りを生む想像力を持つべきだ。」

マックス・シューバート

ペンフォールズの初代チーフワインメーカー

Top