クヌンガ・ヒル

クヌンガ・ヒル・シャルドネ2017

クヌンガ・ヒル・シャルドネはペンフォールズのマルチリージョン、マルチヴィンヤードブレンドポリシーを反映しています。このポリシーにより、ワインメーカーは各ワイン園から最も良いワインを選別、使用することで、常に高品質のワインを製造することができます。ミディアムボディの軽いシャルドネで、第一に独特なフルーティーなアロマがし、強さを維持しながら、適度に微妙なオークの香りがします。発表されたのは1991年。ペンフォールズ・クヌンガ・ヒル・シャルドネは、お求めやすい価格で素晴らしい品質を提供するオーストラリアで最もお得な白ワインの一本として、同社の赤ワインと肩を並べています。

飲み頃
今 - 2018. 今が最高の飲み頃
Taste Description

Colour
Very pale straw with lime green hues.

Nose
Instant white peach stone fruit flavours abound ensued by a lovely array of florals –orange blossom and jasmine. Fresh and pure with a light creaminess arising from time spent on yeast lees in French oak. Lovely fruit and oak integration.

Palate
Stone fruits persist alongside fresh citrus and green apple and just a splashing of honey suckle. Fine and pure with a subtle and soft oak influence finishing with a long, mineral acid structure that gives great length of flavour.

技術情報

産地: 南オーストラリア。

熟成: 発酵後すぐにボトル詰めし、フレッシュでミネラリーな状態を維持します。

発酵:ステンレス発酵容器。

ブドウ品種: シャルドネ。

Vintage Conditions

Above-average winter and spring rainfall provided healthy soil moisture profiles for the growing season. Cool days and cooler nights slowed vine growth in early spring with temperatures warming in October. A mild and mostly dry start to summer was followed by two significant rain events in February. Rainfall slowed in early autumn with a high heat cycle quickly following. Moving into March, mild days slowed the ripening with cool nights and warm days persisting until harvest.

ファーストヴィンテージ

2008.

「もしワイン醸造で成功をおさめたければ、すべてのワインメーカーはよい実りを生む想像力を持つべきだ。」

マックス・シューバート

ペンフォールズの初代チーフワインメーカー

Top