ペンフォールズ・コレクション

セント・アンリ・シラーズ2014

セント・アンリは、グランジと魅惑的な対をなす長い時間をかけて生まれた、もう一つのシラーズです。新しいオークにまったく依存していないという点で、高品質のオーストラリア産赤ワインでは非常に珍しいものになっています。

1950年代初期にペンフォールズから初めて発表され(最初の商業用ヴィンテージは1957年)、1990年に品質と独特なスタイルに対する理解が深まり、また新たな脚光を浴びるようになりました。このワインのスタイルは流行や商業トレンドに屈することは見事にありません。セント・アンリは若い時期にはリッチで、豪華で、熟成が進むにつれ、より柔らかな、土のような香りがするモカのような特徴が明らかになります。1,460リットルの年季の入った大樽で熟成されるため、オークの影響がある場合、ミネラルが感じられるようになります。ストラクチャーを強化するために、少量のカベルネが使用されることもありますが、セント・アンリのフォーカスがシラーズであることに変わりはありません。

飲み頃

今 - 2044. 

Taste Description

Colour
Deep garnet.

Nose
Lifted, racy. Rhône-ish at first, South Australian upon sitting.
Bountiful aromatics ascend – initially redcurrant, cranberry, Christmas cake mix, and then the liberation of citrus (lime peel), fennel and olive.
Middle Eastern spices also present – sweet, not savoury (incl. cinnamon, nutmeg). And, not unexpected, something not present - oak! 

Palate
Svelte. Nevertheless, propels assertive tannins that build – sheeted/layered in configuration.
To please all tastes - the sweet – zabaglione, custard, raw chocolate (cocoa); and the savoury – (bone) marrow, star anise.
Lingers, and certainly leaves a most appealing ‘residual’ impression for quite some time after ingestion.

Expert Reviews
97 Points - Tyson Stelzer
Winemaker Quotes

“Another vintage that classically reaffirms St Henri DNA – it is not a Bin, nor RWT nor Grange-like. A unique shiraz proposition that harks back to the late-1800’s. Quality that doesn’t date.”

“Recommend to decant this vintage – no ifs or buts! It will maketh the wine and reward your effort.”

- Peter Gago, Penfolds Chief Winemaker
技術情報

産地: マクラーレン・ヴェイル、アデレード・ヒルズ、バロッサ・ヴァレー、クレア・ヴァレー、パザウェー、ポート・リンカーン。

熟成: 50年物の大きなオーク製の大樽で12か月

ブドウ品種: シラーズ 96%、カベルネ 4%。

Vintage Conditions

Above-average winter and early spring rainfall offered the vines in South Australia healthy soil moisture profiles for the growing season. Late spring and summer were dry and warm with significant heat records being set. Warm weather prevailed during summer and throughout veraison, allowing grapes to develop evenly and with good intensity.

The warm conditions came to an abrupt halt in mid-February with significant rainfall that allowed for a long and slow ripening of the fruit in very good conditions. This ensured balanced flavour development, fruit exhibiting a brightness endowed with crisp acid retention and impressive fruit quality.

ファーストヴィンテージ

1953.

Top