ペンフォールズ・コレクション

マギル・エステート・シラーズ2015

シングルヴィンヤードのマギル・エステート・シラーズは、ペンフォールズの設立に関わりがあります。アデレードの東部の郊外の端(中心部からわずか8kmの場所)にあるペンフォールズの最初のブドウ園で収穫されたブドウを、同じくマギルにある1844年に設立されたペンフォールズの最初のワイナリーで破砕をし、発酵し、熟成させています。

マギル・エステート・シラーズが初めて作られたのは1983年。フレンチオークとアメリカンオーク両方で熟成されているマギル・エステート・シラーズは、エレガントなミディアムボディで、 ビロードのようなテクスチャーと繊細なタンニンが楽しめます。洗練された現代的なワインですが、ブドウを手摘みをした後、上部が開いたオープン発酵槽で発酵し、バスケットプレスで圧搾した後、バレルで発酵を完成させるという昔ながらの方法で製造されています。

 

飲み頃

2019 - 2032. 

Taste Description

Colour
Impressive depth for this single-vineyard Magill expression – red with a purple/black core!

Nose
Magill Shiraz fruits tempered by barrel ferment artefact – oily Brazil nut/chestnut and gunmetal oil/soot.
An active ferment in open-fermenters hasn’t blown off the generous offer of mixed spices – crushed black pepper, star anise, peppercorn, sandalwood and bayleaf.
Alluring scents of broiled silverside and cured red-meats invoke a compelling desire to sip rather than smell! 

Palate
Medium-bodied … but only in the context of this year’s Collection line-up.
A fruity succulence, laden with summer-pudding, black forest cake, preserved plum and blackberry flavours.
True to label, the acidity is both fresh and inviting (more-ish!) – replete with a quince-like acid ‘edge’ and a dabble of cinnamon.
Tannins are fine and powdery; oak is balanced and absorbed.

Expert Reviews
97 Points - Andrew Caillard MW
技術情報

産地: マギル・エステート。

熟成: フレンチオークホッグスヘッド樽(新樽70%)とアメリカンオークホッグスヘッド樽(新樽30%)で18か月。

ブドウ品種: シラーズ。

Vintage Conditions

Autumn and early winter rainfall and temperatures were above the long-term average. Rain stopped abruptly in early August with only light showers observed throughout spring. Warm and dry conditions continued throughout the season which resulted in rapid grapevine growth and early flowering.

February brought weekend heat spikes, pushing mean maximum temperatures well above the average, resulting in early ripening and harvest. The Magill Estate vineyard was handpicked on February 9th and 10th 2015.

ファーストヴィンテージ

1983.

Top