ペンフォールズ・コレクション

グランジ・マグナム2013

マルチヴィンヤード(異なるブドウ園)、マルチリージョナル(異なる地域)から採れるブドウをブレンディングするというペンフォールズの哲学を最も強く表したオリジナルのワイン、グランジはオーストラリアの最も有名なワインであると言えるでしょう。グランジは南オーストラリアの文化遺産の象徴であると公式に認定されています。使用するのは、完熟し、凝縮したフレーバーのストラクチャーのあるシラーズというブドウ品種。今では世界における素晴らしいワインの最も安定した産地として認識されているオーストラリアで、この地方独特のワインを作り出しています。試験的に作り上げられた1951年から、途切れることがなくグランジのヴィンテージが造られています。シラーズ品種と、南オーストラリアの土壌と気候が、見事に相乗効果を生み出しているワインです。

飲み頃

2020-2060.

Palate Description

Colour
Opaque black core, dark red rim.

Nose
An aromatic assault / surge / eruption of soy, hoisin, balsamic reduction… coiled around a core of kirsch and fresh raspberry.
This propulsion is crammed with tell-tale barrel ferment, V.A. and formic Grange markers – all in balance, all respectful of fruit and oak.
And yet, so ‘classy’ – a brightness, a sheen, a gloss, a raciness – belying both age and upbringing (élevage).

Palate
Formidable
No gaps, a densely-packed structural continuum.
Not huge, not massive, yet taut, muscular, feisty. A black palimpsest - black fruits, black liquorice,  black pudding, black fig, black cardamom....
Granitic chewy tannins linger and coat; oak all but fully concealed, submerged beneath a tannin/oak/acid/flavour tsunami.
Fruits? Where to start in this entanglement? Time please.

技術情報

産地: バロッサ・ヴァレー、マクラーレン・ヴェイル。

熟成:100%新しいアメリカンオークホッグスヘッド樽で20か月

ブドウ品種: シラーズ 96%、カベルネ・ソーヴィニヨン 4%。

Vintage Conditions

The majority of South Australia had a dry winter reminiscent of 2006, vines were in water deficit at the beginning of spring and became accustomed to dry conditions quite early. The exception was McLaren Vale, where revitalising winter rainfall exceeded the long term average. Early budburst was noticeable across many regions.

Dry and warm spring conditions explained canopy growth and yields, becoming typical of the 2013 growing season. Warm days were dispersed throughout October, November and in early January, contributing to an early start to the 2013 harvest and a condensed vintage. 

Dry and warm conditions, coupled with lower than average yields resulted in fruit showing strong, structural tannins and wines of great intensity and encouraging flavour. The Magill Estate fruit was harvested in pristine condition, hand-picked on February 14th and 15th 2013.

グランジの物語

オーストラリアので最も高く評価されるワインの伝説は、発明、情熱、リスク、決意の物語です。この作品は、マックス・シューバートのオーストラリアワインに対する大望を実現したものです。

伝統的なオーストラリアの技術、ボルドーからの新しいアイディア、ペンフォールズで開発した精密なワイン醸造の実践を融合させ、マックスは最初の実験ワインを1951年に製造しました。

もっと知る

「もしワイン醸造で成功をおさめたければ、すべてのワインメーカーはよい実りを生む想像力を持つべきだ。」

マックス・シューバート

ペンフォールズの初代チーフワインメーカー

Top