ペンフォールズ・コレクション

グランジ・マグナム2012

マルチヴィンヤード(異なるブドウ園)、マルチリージョナル(異なる地域)から採れるブドウをブレンディングするというペンフォールズの哲学を最も強く表したオリジナルのワイン、グランジはオーストラリアの最も有名なワインであると言えるでしょう。グランジは南オーストラリアの文化遺産の象徴であると公式に認定されています。使用するのは、完熟し、凝縮したフレーバーのストラクチャーのあるシラーズというブドウ品種。今では世界における素晴らしいワインの最も安定した産地として認識されているオーストラリアで、この地方独特のワインを作り出しています。試験的に作り上げられた1951年から、途切れることがなくグランジのヴィンテージが造られています。シラーズ品種と、南オーストラリアの土壌と気候が、見事に相乗効果を生み出しているワインです。

飲み頃
2018-2055.
技術情報

Colour
Dense and imposing. Dark… RED!.

Nose
Unmistakably, it is what it is. In a word, Grange.
(Almost) all unleashed immediately upon the first splash into the glass – exuberant, lifted, flamboyant.
An aromatic ‘multi-cultural’ chromatogram brazenly unfolds:
First, enticing barrel ferment formics and balsamics, spliced with soy, tomato puree, black olive and liquorice (Dutch?).
Then, the exotics - wafts of tiramisu/mascarpone/zabaglione (Italy?), replete with freshly roasted hazelnut and ground coffee beans (Kenya?) 

Palate
Fresh and refined. Nervy.
Red liquorice, gravy reduction flavours and black olive tapenade to the fore. And then, just so much more!
Where to start?
Compelling depth - weighty/voluminous/fleshy - structurally complete and even throughout.
A radiant inner sheen, yet still assertive – a film encrusted with dusty, softened tannins that coat tongue. 
Great length.
A loss of innocence, as sculptured oak (purity/clean) and a boundless array of red fruits, congeal into a darkened pool of (un)known and (un)savoury delights!
Unashamedly and quite blatantly THE wine of this year’s Penfolds 2016 new releases! Enough said.

技術情報

産地: バロッサ・ヴァレー、マクラーレン・ヴェイル。

熟成:100%新しいアメリカンオークホッグスヘッド樽で18か月

ブドウ品種: シラーズ 98%、カベルネ・ソーヴィニヨン 2%。

Vintage Conditions

The Barossa Valley and McLaren Vale regions were impacted with lower than average rainfall across the winter period. This resulted in early budbreak in spring. Healthy and welcome spring rain ensued, merging with a mild summer with just a few short periods of heat. Mild daytime temperatures and cool evenings were observed across the Barossa Valley and McLaren Vale, allowing impressive flavour development without inflated baumés. Balanced canopies and crops provided even development throughout veraison across both regions.

Bursts of warmth and dry conditions continued throughout harvest allowing fruit to be picked in optimal condition. Smaller berry and bunch sizes along with favourable weather conditions induced great results for traditional quality markers-colour, tannin profile, fruit concentration and flavour depth.

グランジの物語

オーストラリアので最も高く評価されるワインの伝説は、発明、情熱、リスク、決意の物語です。この作品は、マックス・シューバートのオーストラリアワインに対する大望を実現したものです。

伝統的なオーストラリアの技術、ボルドーからの新しいアイディア、ペンフォールズで開発した精密なワイン醸造の実践を融合させ、マックスは最初の実験ワインを1951年に製造しました。

もっと知る

Top