ペンフォールズ・コレクション

ビン9カベルネ・ソーヴィニヨン2014

ペンフォールズのワイン製造チームは、何十年にもわたり南オーストラリア最高のワイン地方にある新しいブドウ園に投資をし、ビン9という新しいワインを造り上げました。最初のヴィンテージは、2012年。ペンフォールズのヌリオッパ・ワイナリーで製造されました。ペンフォールズのマルチリージョナル哲学に沿って、ビン9は南オーストラリアの複数のブドウ園のブドウを使用していますが、その大部分がマクラーレン・ヴェイルの古代からの土壌で栽培されたブドウとなっています。ブドウはこの現代的なカベルネ・ソーヴィニヨンに合うように、注意深く選択されています。ビン9はまったく若いままでも、中期、熟成をしても楽しめます。ビンワインの特徴として、時間の経過とともに、特別な要素を得ることができます。

ビン9カベルネ・ソーヴィニヨンをボトルでさらに熟成させると、若い果汁とかすかなオークの香りに隠れている複雑なレイヤーが明らかになります。

 

飲み頃

今 - 2022. 

Taste Description

Colour
Medium-red.

Nose
Bright and fresh blue fruits, and a varietal giveaway of black olive.
A waft of spice/herb… curry leaf/tomato leaf, dill and fennel seed.
Red liquorice and camphor (compliments of the oak?) complete the package. 

Palate
Medium-bodied
High-toned and racy, with non-Cabernet-like tannins!
Yellow-bean paste, tomato paste and cassis flavours confirm the Cabernet DNA, nicely supported by cedary oak.

Technical Information

産地: マクラーレン・ヴェイル、ラングホーン・クリーク、ラットンブリー、バロッサ、パザウェー。

熟成: フレンチオークホッグスヘッド樽(新樽12%)とアメリカンオークホッグスヘッド樽(新樽14%)で12か月。

ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン。

Vintage Conditions

Above-average winter and early spring rainfall offered the vines in South Australia healthy soil moisture profiles for the growing season. Late spring and early summer were dry and warm with significant heat records being set. Warm weather prevailed during summer and throughout veraison, allowing grapes to develop evenly and with good intensity.

These warm conditions came to an abrupt halt in the Barossa Valley and McLaren Vale in mid-February with a significant rainfall allowing for long slow ripening of the fruit in very good ripening conditions. Wrattonbully had a warm and generally dry ripening end to the season allowing for the development of strong varietal flavours.

ファーストヴィンテージ

2012.

Top