ペンフォールズ・コレクション

ビン51エデン・ヴァレー・リースリング2016

ペンフォールズが推進する白ワイン開発プログラムの一環として1990年代に製造されたビン51エデン・ヴァレー・リースリングには、エデン・ヴァレーの多くの特性が現れています。高度が高く冷涼なこの地方は、長期の貯蔵が可能な、非常に洗練された優雅なリースリングを産出します。南オーストラリアは信頼できる世界クラスのリースリングの産出地として国際的に認知されていて、エデン・ヴァレーは常に重要な役割を果たしています。

若い頃は、はっきりとしたリンゴとライムの香りと、ミネラルの鋭い切れ味と自然な酸味がし、独特な口当たりとフレーバーを生み出しています。ペンフォールズはリースリング品種を使用し、長い間ワインを製造していますが、ペンフォールズ・ビン51エデン・ヴァレー・リースリングの進化により、この歴史で新しい章が開始されました。     

 

飲み頃
今 – 2020.
Taste Description

Colour
Light straw with green hues.

Nose
Instantly recognisable – ostentatiously trademark Eden Valley Riesling.
Rose petal and white flower scents arise, reverently accompanied by a citrusy splash (lemon/lime), and subtle hints of kiwi fruit and gooseberry.
Additional curiosity invoked – exotically prompted by snow pea tendrils, snapped dandelion stems, and almond blossom.
Easier-recognised talc-like ‘minerality’ to close.

Palate
Citrus to the forefront: lemon-drops, fresh green lime-juice and grated lime-zest invigorate; an uplifting lemonsorbet freshness and vitality enthral.
Fruit ripeness is balanced by clean, zesty acidity, with a brave phenolic grip inducing a memorable finish.

技術情報

産地:エデン・ヴァレー。

熟成: ステンレス容器で3か月。

ブドウ品種: リースリング。

Vintage Conditions

The start of the growing season was about one week late with budburst and shoot growth relatively even across the region. Flowering started in October and lasted about one week. Spring and summer were very dry with rainfall well below average, which stretched depleted water resources.

The mild summer with a lack of heat waves ensured the fruit was able to ripen evenly and develop desirable flavours without the threat of stressful heat events. The Woodbury Vineyard, from which fruit for this vintage release was sourced, stood out as a regional highlight.

ファーストヴィンテージ

1999年 (当初のラベルは「エデン・ヴァレー・リザーブ・ビン・リースリング」)

Top