ペンフォールズ・コレクション

ビン407カベルネ・ソーヴィニヨン2015

ビン407は、1990年のヴィンテージを1993年に発表。より多くの高品質のカベルネ・ソーヴィニヨン品種のブドウが入手可能になったことを受け、開発されたものです。ビン707からのインスピレーションを受けたビン407はこの品種の特徴があり、飲みやすく、しかもしっかりとしたストラクチャーとフレーバーの深みがあります。教科書的なカベルネ・ソーヴィニヨンで、品種の特徴が明らかなビン407は、ペンフォールズのマルチリージョン、マルチヴィンヤードの技術を利用しながら、フレンチオークとアメリカンオークを繊細に使用し、ブドウの熟成を行っています。

飲み頃

今 - 2028.

Taste Description

Colour
Bright crimson red.

Nose
Yes, definitely cabernet sauvignon, yet with an Asian demeanour.... How can this be?
Well, to begin – aromas not dissimilar to Thai/Vietnamese coriander, betel-leaf. And then - chive, lime, grapefruit dressing and Asian spices; green tea; Thai beef salad spices, nuttiness.
Redemptive cabernet markers - cassis and violet aromas … authenticating a South Australian birthplace!
Upon sitting – almost a powdery sprinkling of ‘soot/coal dust’. And, consistent to this theme – dusty oak!

Palate
Familial kirsch and tomato puree cabernet flavours underpinned by a pan-jus meatiness, cola.
Beneath – a vinous slurry… sharpening-stone replete with oil, graphite/ironstone?!
Sleek, elongated tannins (not grippy) align with judicious oak to convey flavours completely and effortlessly across palate.

Expert Reviews
96 Points - Andrew Caillard MW
技術情報

産地: ラットンブリー、マクラーレン・ヴェイル、バロッサ・ヴァレー、クナワラ、クレア・ヴァレー。

熟成:フレンチオークホッグスヘッド樽(新樽25%)とアメリカンオークホッグスヘッド樽(新樽10%、1年物18%、2年物39%)で47か月。

ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン。

Vintage Conditions

Autumn and early winter rainfall were above the long-term average. Rain stopped abruptly in early August with only light showers observed throughout spring. The dry and cool spring period affected canopy growth early in the season. Warm and dry conditions during flowering and fruit-set resulted in rapid grapevine growth and early flowering.

A high rainfall event occurred in Coonawarra in January, mostly falling outside of veraison. February brought weekend heat spikes, pushing mean maximum temperatures well above the average resulting in early ripening and harvest.

ファーストヴィンテージ

1990.

Top