ペンフォールズ・コレクション

カリムナ・ビン28シラーズ2015

ビン28は、温暖な気候で造られた、熟した、コクのある豊かなフレーバーのオーストラリア産シラーズの代表的ワインです。カリムナ・ビン28シラーズが、最初に造られたのは1959年。「カリムナ・ビン28」の名前は、1945年にペンフォールズが買収し、このワインが最初に製造された、有名なバロッサ・ヴァレー・カリムナ・ブドウ園にちなんでつけられました。今ではビン28はマルチリージョン、マルチヴィンヤードブレンドで、常にバロッサ・ヴァレー産のブドウを使用しています。

飲み頃

今  - 2032.  

Taste Description

Colour
Dark deep red.

Nose
Exotic. A debut of camphor, lanolin, cold lamb, parsnip/vegetable stock.
Courted by an ascent of vanilla sponge / teacake and rocky-road marshmallow.
Followed by wafts of coffee ground spices and biscuity/wafery hazelnut. 

Palate
Vibrant, fresh and lively.
Long, elongated tannins – sleek, slick and slender!
Dark black-cherry fruit flavours, generous and more-ish! (And just why can’t we say Cherry Ripe!)
Succulent; neither alcohol nor oak intrude. Unobtrusive acidity will ensure cellarability, should it (hopefully) be pursued.

技術情報

産地: バロッサ・ヴァレー、マクラーレン・ヴェイル、ラングホーン・クリーク、ラットンブリー、ポート・リンカーン、クレア・ヴァレー。

熟成: 乾燥したアメリカンオークホッグスヘッド樽で12か月

ブドウ品種: シラーズ。

Vintage Conditions

Autumn and early winter rainfall were above the long-term average. Rain stopped abruptly in early August with only light showers observed throughout spring. Low top soil moisture halted canopy growth early in the season giving vines an open canopy.

Warm and dry conditions continued throughout the season which resulted in rapid grapevine growth and early flowering. February brought weekend heat spikes, pushing mean maximum temperatures well above the average resulting in early ripening and harvest.

ファーストヴィンテージ
1959.

「もしワイン醸造で成功をおさめたければ、すべてのワインメーカーはよい実りを生む想像力を持つべきだ。」

マックス・シューバート

ペンフォールズの初代チーフワインメーカー

Top