ペンフォールズ・コレクション

ビン2シラーズ・マタロ2015

ビン2が最初に発表されたのは1960年。しかし白ワインブームが高まりを見せた1970年代にオーストラリアで生産が停止されました。オリジナルのビン2は「オーストラリアのブルゴーニュワイン」スタイル(ローヌ品種を使用していますが)で、多くの場合、シラーズをベースとしたソフトなミディアムボディのワインでした。ビン2シラーズ・マタロ・ブレンドは、今でもオーストラリア産のテーブルワインとしては比較的珍しいものです。モナストレル、ムールヴェードルとしても知られるマタロは、1830年代にオーストラリアに持ち込まれました。酒精強化ワインにも時々使用されるこの品種のブドウは、バロッサ・ヴァレーの各所に植樹されました。複雑さとしっかりした味わいを足してくれるブレンド属性によって、ワインメーカーに高く評価されています。伝統的なローヌ品種とブレンドに対する人気が増すにつれ、ビン2に対する興味も高まりました。
飲み頃

今 - 2023. 

Taste Description

Colour
Deep red.

Nose
No sooner poured and a lively, unmistakable ‘Bin 2’ nose immediately projected. Inviting.
Alongside red wine familial are scents of fresh mettwurst and venison carpaccio. Also detected: lightly seared or tartare(d) beef.
Indian spices and also mustard seed arise. Possibly a skerrick of rosemary, pepper?

Palate
Medium-bodied.
Succulent, juicy, fresh. Oak in hiding?
Above an alluring savoury base are disparate flavours of quince tart and sticky date pudding.
Very drinkable. An almost European disposition – relaxed, inviting. Beckons food, implores replenishment!

Winemaker Quotes

“Quite the journey – 55 years of courtship – shiraz (syrah) & mataro (mourvèdre).” 

“A time-proven duet – still Old-World-ish; still matured in old, small oak; still Bin 2!”

- Peter Gago, Penfolds Chief Winemaker

技術情報

産地: マクラーレン・ヴェイル、バロッサ・ヴァレー、ラングホーン・クリーク、ラットンブリー。

熟成: 乾燥したフレンチオークホッグスヘッド樽とアメリカンオークホッグスヘッド樽で12か月。

ブドウ品種:シラーズ 82%、マタロ 18%。

Vintage Conditions

Autumn and winter rainfall were above the long-term average. Rain stopped abruptly in early August with only light showers observed throughout spring. Low top soil moisture halted canopy growth early in the season giving vines an open canopy.

A significant rainfall event in early January was a defining moment, giving the vines a much needed boost during veraison. February brought weekend heat spikes, pushing mean maximum temperatures well above the average resulting in early ripening and harvest.

ファーストヴィンテージ

1960.

Top