ペンフォールズ・コレクション

ビン138バロッサ・ヴァレー・グルナッシュ・シラーズ・マタロ2015

ビン138は、フランス南部のローヌワインからインスピレーションを得ています。ローヌ川流域は、シラーズ、グルナッシュ、マタロ(ムールヴェードル)を割合を調整しながらブレンドし、リッチで豊潤な香りがあるフルボディのワインを産出している地域です。ビン138のブドウは毎年古いバロッサ・ヴァレーのブドウ(樹齢100年以上のものも含む)から造られ、それぞれのブドウの品種の特徴を生かせるように、乾燥したオークホッグスヘッド樽で12~15か月熟成しています。ビン138は独特なプラム、ラズベリーの芳香がし、スパイシーなノートが広がります。このヴァラエタルブレンドワインの最初のヴィンテージが発表されたのは1992年。ラベルには「オールド・ヴァイン・バロッサ・ヴァレー」とありました。そして1998年物のヴィンテージはビンのステータスを向上させました。

 

飲み頃

今 - 2023.

Taste Description

Colour
Deep crimson

Nose
A varietal aromatic chromatogram dissemination:
Mataro - manifested via impressions of charcuterie and grilled/charred/smokey meats.
Grenache - a whiff of florals (albeit less than usual for Bin 138?), blackberry pastille, fruit drops.
Shiraz - moist ham hock and a spray of cedar and spice.
Integrated, traditional … or as overheard: “a good, old-fashioned Barossa Valley ‘Dry Red’ style”.

Palate
Unashamedly ‘dry-reddish’. And why not?
A ferric, rust earthiness coupled with an assortment of fruits – dates, fresh figs and prosciutto/melon.
Rounded, with minimal oak impact - as expected.
Texture? Within the context of tannins/acidity/extract - ‘slippery’ rather than blocky, grippy.

Expert Reviews
96 Points - Andrew Caillard MW
技術情報

産地: バロッサ・ヴァレー、南オーストラリア。

熟成: 乾燥したフレンチオークホッグスヘッド樽とアメリカンオークホッグスヘッド樽で12か月

ブドウ品種: グルナッシュ、シラーズ、ムールヴェードル(マタロ)、ヴィンテージ状況により、割合を変更。

Vintage Conditions

Winter and spring rainfall were above average, creating an excellent start to the season. Relatively warm temperatures in August accelerated vines out of dormancy early, with prevailing warmer than average conditions leading to early flowering. Spring was generally cooler and drier than average, with the low soil moisture slowing growth positively leaving vines with open canopies. January temperatures were lower than usual, with the maximum temperatures being the coolest in 22 years.

Significant rainfall in early January, during veraison period of the Shiraz, provided much needed moisture to give the vines a boost in the final stages of ripening. Without any extremes or stress the vines continued to ripen evenly leading into an early harvest. In February, hotter weather prevailed ensuring a fast and early grape intake.

ファーストヴィンテージ
1992.
Top