ペンフォールズ・コレクション

ビン128クナワラ・シラーズ2015

冷涼な気候から生まれるビン128クナワラ・シラーズのヴィンテージは毎回、温暖な気候で造られるより贅沢でリッチなカリムナ・ビン28シラーズに対して、おもしろい対照的なワインとなっています。ビン128はクナワラのテラロッサと言われる赤土で栽培されたブドウを使用しています。クナワラは、冷涼な気候で造られた赤のテーブルワインらしい香り高い、透明感のある、魅力的なワインを産出しています。

ビン128は1962年物のヴィンテージ発売以来、ずっとクナワラのシラーズ品種のブドウから造られています。またこの地方の特徴をさらにはっきりさせるため、新しいフレンチオークホッグスヘッド樽と乾燥したフレンチオークホッグスヘッド樽を組み合わせ熟成に使用しています。これは1980年代、樽をアメリカンオークからフレンチオークに変更したときに改良された方法です。

飲み頃

今 – 2030.

Taste Description

Colour
Deep mauve, purple at rim.

Nose
A carnivoric aromatic indulgence - raw red meat (tartare); air-dried/salt-cured Italian meats, carpaccio.
Spices infused, á la - pepper steak, Worcestershire garnish … with fruits not overtly prominent.
In its youth, steel-cut oats – fresh, not packaged? Yes, definitely oatmeal. And subtle oak.

Palate
Sage and bay leaf coupled with Indian spices (oak-derived) and dark-berried fruits.
Type of oak? Tell-tale French.
Velvety/viscous rather than manifesting the typical regional grip/attaque … shielded by an abundance of even, clay-like, grainy and slippery tannins.
Substantial! Coonawarra.

Winemaker Quotes

“Tannin impact is minimal – a fine & seamless Coonawarra package.”

“Different and yet still carrying a definitive Penfolds stamp.”

“Ready, already. Please save some for later! We will.”

- Peter Gago, Penfolds Chief Winemaker

技術情報

産地: クナワラ、南オーストラリア。

熟成: フレンチオークホッグスヘッド樽で12か月(新樽30%、1年物30%、2年物40%)。

ブドウ品種: シラーズ。

Vintage Conditions

Above-average temperatures were recorded in winter and continued throughout spring. Rainfall was below average throughout winter, due to a drier August, and dry conditions persisted through spring resulting in early vine growth.

The summer period saw rainfall over 10mm higher than the long-term average due to a high rainfall event occurring in January, pre-veraison. Moderate temperatures from early summer through to vintage meant that ripening was steady with the Coonawarra recording ten days over 35 degrees during the summer period.

ファーストヴィンテージ

1962.

Top