マックス

マックス・カベルネ・ソーヴィニヨン2015

ペンフォールズ・マックス・カベルネ・ソーヴィニヨンは、ペンフォールズの社歴で素晴らしい業績を残したチーフワインメーカー、マックス・シューバート(1948~1975)の功績を称え造られたワインです。常に素晴らしいワインを作ろうと高い研究意欲を持っていたマックスに倣おうと続くワインメーカーが存在します。そして、こうしたワインメーカーは、ペンフォールズのステータスとヘリテージをさらに成長させようとしているのです。マックス・カベルネ・ソーヴィニヨンは、マックス・シューバートからインスピレーションを得たペンフォールズの「刻印」です。

飲み頃

今飲んでも良いが、時間と共に熟成. 今- 2024. 

Taste Description

Colour
Dark reds, magenta core.

Nose
Red currants, cranberry and dried Italian herbs. 

Palate
Cabernet line and length. Red, blue and black fruits melded with sweet spiced cinnamon.
Vanilla Chai and cedar oak. Fine silky tannins add savoury balance and length to the palate.

技術情報

産地: ラットンブリー、マクラーレン・ヴェイル、クナワラ、バロッサ・ヴァレー、パザウェー。

熟成: 乾燥したアメリカンオークホッグスヘッド樽とフレンチオークホッグスヘッド樽でバランスさせ、アメリカンオーク(新樽5%)で12か月。

ブドウ品種: カベルネ・ソーヴィニヨン。

Vintage Conditions

Autumn and winter rainfall were above the long-term average. Rain stopped abruptly in early August with only light showers observed throughout spring. Low top soil moisture halted canopy growth early in the season giving vines an open canopy.

A significant rainfall event in early January was a defining moment, giving the vines a much needed boost during veraison. February brought weekend heat spikes, pushing mean maximum temperatures well above the average resulting in early ripening and harvest. 

ファーストヴィンテージ

2013.

Top