クヌンガ・ヒル

クヌンガ・ヒル・シャルドネ2017

クヌンガ・ヒル・シャルドネはペンフォールズのマルチリージョン、マルチヴィンヤードブレンドポリシーを反映しています。このポリシーにより、ワインメーカーは各ワイン園から最も良いワインを選別、使用することで、常に高品質のワインを製造することができます。ミディアムボディの軽いシャルドネで、第一に独特なフルーティーなアロマがし、強さを維持しながら、適度に微妙なオークの香りがします。発表されたのは1991年。ペンフォールズ・クヌンガ・ヒル・シャルドネは、お求めやすい価格で素晴らしい品質を提供するオーストラリアで最もお得な白ワインの一本として、同社の赤ワインと肩を並べています。

飲み頃
今 - 2018. 今が最高の飲み頃
Taste Description

Colour
Pale straw with lime green hues.

Nose
The usual suspects beckon here - honeydew melon and limey citrus at the fore, with alluring background hints of white stone-fruit…  Scents of paperbark oak and oatmeal arise, coupled with a creaminess (from time on yeast lees?) adding intrigue. 

Palate
Zingy and zesty!
Limey, citrus fruit with complexing almond meal and a light creamy texture. Subtle, barely perceivable oak. Refreshing, balanced acidity allows this Koonunga Hill expression to be enjoyed upon release and optimally across the following 12 months.

技術情報

産地: 南オーストラリア。

熟成: 発酵後すぐにボトル詰めし、フレッシュでミネラリーな状態を維持します。

発酵:ステンレス発酵容器。

ブドウ品種: シャルドネ。

Vintage Conditions

The 2016 Adelaide Hills growing season commenced under mild and dry conditions. Rainfall was below-average throughout winter and dry conditions persisted through spring resulting in early vine growth. Conditions for set and flowering were favourable and contributed towards above-average vintage yields. Rain events during January and February were, for the most part, pre-veraison.

Cool February conditions meant that ripening was steady and the slightly early start to vintage was a result of a mild and dry growing season. February and March weather allowed for a steady harvest, favourable flavor development and acid retention.

ファーストヴィンテージ

2008.

Top