クヌンガ・ヒル

クヌンガ・ヒル・オータム・リースリング2017

1970年代初期、素晴らしい業績を残したワインメーカーのマックス・シューバートは、当時既に有名であったペンフォールズの赤ワインと匹敵する白ワインシリーズを開発し始めていました。こうした試みから生まれた初期のワインはオータム・リースリングと名付けられました。1970年代初頭に出荷されたペンフォールズの最高のリースリングには、「クヌンガ・ヒル・オータム・リースリング」のラベルがつけられたものもあります。オリジナルの1972年ヴィンテージは、オリジナルのパッケージングがされ、レトロなラベルが使われています。

このワインはオリジナルに敬意を表し、ボトルでさらに熟成が進むように特別に製造されています。洗練された酒石酸ストラクチャーで、フレーバーを長く楽しむことができ、「直線的な」特長があります。少量のトラミーナブドウを加えたことで、非常にユニークな仕上がりとなっています。

 

飲み頃

今飲んでも良いが、時間と共に熟成. 今 -2019. 

Taste Description

Colour
Pale straw.

Nose
Highly aromatic, lifted. Varietally pure.
Fragrant citrus fruits (lime pastille/mandarin) and elderflower with sherbet nuances.
Background aromas of curry spice, turmeric and nutmeg. 

Palate
A curry spice continuum across the zesty, citrus-driven palate – somewhat akin to mandarin sherbet.
A lively taut acidity - offering a wonderfully balanced structure.
Indeed, a notable aromatic, flavour & structural example of classic Australian Riesling.
Offers immediate drinking enjoyment … which no doubt will extend into the future!

技術情報

産地: バロッサ・ヴァレー、エデン・ヴァレー(南オーストラリア)。

熟成:発酵後すぐにボトル詰めし、フレッシュでミネラリーな状態を維持します。

発酵: ステンレス発酵容器。

ブドウ品種: リースリング。

Vintage Conditions

The start of the growing season was approximately one week late with budburst and shoot growth relatively even across the region. Flowering started in October and lasted about one week. Spring and summer were very dry with rainfall well below average, which stretched depleted water resources.

The mild summer with a lack of heat waves ensured the fruit was able to ripen evenly and develop desirable flavours without the threat of stressful heat events. 

ファーストヴィンテージ
2008. 
Top