酒精強化ワイン

クラブ・トゥーニィ

ペンフォールズ・クラブ・トゥーニィは確立された豊かな歴史があり、現在のペンフォールズの「ハウス・スタイル」を形成する基礎となっています。

最初のリリースは1950年、1953年、1956年のシングルヴィンテージを使用していましたが、今ではペンフォールズのワインメイキング哲学のマルチヴァラエタル、マルチヴィンヤードに沿い、製造されています。

若々しいこのトゥーニィには、深みと強さがあり、果汁とスピリッツを絶妙に組み合わせることで、フレッシュで重みのある、豊かなフルフレーバーをもたらしています。乾燥したオーク樽で熟成し、ブレンド後の平均熟成年数は3年以上となっています。ペンフォールズの素晴らしい酒精強化ワインコレクションに欠かせない一本として、一定したスタイルと品質のバランスのよいクラブ・トゥーニィをこれからも提供してまいります。

飲み頃
ファーストヴィンテージ

1950. 

Taste Description

Colour
Amber-brown with a dark red rim.

Nose
Lifted with an attractive mix of dried fruit, vanilla, caramel and a touch of nutty aged rancio complexity.

Palate
Rich and vibrant displaying ripe spicy fruit, toffee and walnuts framed by smoky oak with a lifted cleansing finish.

技術情報

産地: 南東オーストラリア。

熟成:バロッサ・ヴァレーのペンフォールズ・カリムナ・トゥーニィ・セラーの乾燥した小型のオークホッグスヘッド樽で熟成。

ブドウ品種: グルナッシュ、ムールヴェードル、シラーズ(シラー)。

Top