リコルク・クリニック利用規約

利用規約

1. 利用規約

ペンフォールズ・リコルク・クリニック(以下、クリニック)は、ペンフォールズの赤ワインが、堪能できる基準を満たした保存状態にあるかをチェックするものである。この規約で定める以外にも、ペンフォールズは、ボトルの状態に関係なく、クリニックのワインの開栓の拒否をする権利を有し、もしくは主催者側がクリニックで受け付けるワインの本数を限定する場合もある。

1.1 クリニック受診対象となるワイン

クリニック対象となるワインは、下記条件を満たしている必要がある。
a) ペンフォールズの赤ワイン
b) ラベル記載のヴィンテージから15年以上経過しているワイン
c) 法律遵守していること。違法に造られたワイン、違法な販売経路から取得したワインは除く。

1.2 受診不可のワイン

ワインが下の状態のいずれかを満たす場合は、クリニック対象外となる
a) 違法性が疑われるワイン
i. 表ラベル・裏ラベルがないワイン
ii. 偽装・違法ラベルが貼られているワイン
iii. ペンフォールズの正式カプセルが外れている
(b)ペンフォールズの権限により対象外と判断するワイン
i. ワインの容量がボトル肩より目減りしている。
ii. 水没したことのあるワイン
iii. カプセルが明らかに交換されているワイン
 

1.3 その他

a) クリニック診断の上、ワインが良好な状態にある と判断し、リコルクが不要な場合は開栓しない。
b) クリニック受診のワインのラベル貼替えを行わない。1950~2001のヴィンテージワインを含み、ラベルの貼替は行わない。
ペンフォールズのワインメーカーとワイン所有者が両者が同意した上でワインを開栓する。
同意の上で、ペンフォールズはワインを試飲し、評価を行う。
c) ペンフォールズがワインがクリニック受診に適した状態であり、そのヴィンテージの模範的ワインであると判断した場合
I. 目減りした分量を同じワインの現行ヴィンテージのワインを充填する。
II. クリニックのコルクでリコルクを行う
III.クリニックでカプセルの交換を行う。
IV. ペンフォールズのワインメーカー署名入りクリニック認証ラベルを貼る。
クリニック認証ラベルはワインがクリニックにおいて開栓され、テイスティングされ、リコルクされたという事実を証明するものである。
a) ペンフォールズのクリニックで開栓、試飲され、望ましいコンディションではないと判断されたワインは、さらなるセラー熟成をしてワインが良くなるということはなく、模範的な状態ではないと判断された場合、シンプルなブランド名無記載のコルクを使用してリコルクが行われる。このようなワインに対しては、ワインを継ぎ足すことやカプセルの交換は行わず、クリニック・認定証ラベルは付けない。
b) リニックに持参するワインは個人の責任において常時管理する。ペンフォールズは、個人の責任において発生するワインの損害に対して一切の責任は負わない。ペンフォールズが本クリニックにて提供するサービスはワインの品質向上・劣化を保証するものではなく、ワインに付加価値を付与しない。

1.4 参加条件

クリニックにおいて、弊社もしくは弊社外注の者による動画・写真撮影、録音・録画が行われる場合、参加者はその被写体になる。参加者はそれに同意したものとし、録画・撮影した動画・画像、ならびに音声を弊社が使用・編集することに同意されたものとする。動画、画像、取材記事の肖像権ならびに著作権は弊社に属し、これらの侵害による賠償金等の責任を弊社は負わない。

1.5 個人情報

本登録は、弊社もしくは弊社グループ会社から本イベント関連情報を受け取ることに同意したものとし、個人情報保護方針に基づき情報の管理を行う。
Top