62年間途切れることなく行われたヴィンテージリリースを祝したグランジ、南オーストラリアを代表する2012ヴィンテージをフィーチャーし、ザ・ペンフォールズ・コレクション2016の主力ワインコレクションとなっている。

魅力的な層を織り成し、豪華で個性豊か、2012グランジは1963のスタイルに似ていながらも2012特有のモダンな個性を持ち合わせている。ザ・コレクションの赤ワインは卓越した洗練さと高い熟成ポテンシャルを備える赤ワイン、白ワインは複雑性と力強さを表し、1844年から掲げるペンフォールズの「ハウス・スタイル」の継承を証明している。

哲学に忠実なザ・コレクションのワインは「今飲んでも楽しめるし、40年もしくはそれ以上の熟成ポテンシャルを持っている」とチーフ・ワインメーカーのピーター・ゲイゴは云う。オーストラリア最大のワイン保管倉庫ワイン・アークは先日ビン389・カベルネ・シラーズをオーストラリアで最も収集されるワイン50のリストに加えた。このリストは3年に一度公開され、ワインコレクターのガイド的存在であり、リアルタイムでセラーに並ぶオーストラリア・ワインを紹介している。ザ・コレクションの熟成ポテンシャルは、2014ヤッターナ・シャルドネにも見られ、このワインは優雅でストレートなスタイル、熟成させることで美しい花の含みが広がる。20回目のリリースを祝す2014ヤッターナは「ヤッターナ史上最高の出来のヴィンテージのひとつ!」とゲイゴはコメントしている。

5つの異なったヴィンテージ、19種のワインが誇らしくリリースされ、多様な生産地、畑、ブレンドのワインと単一生産地、マギル・エステート・ヴィンヤードの単一畑のワインをオファーしている。卓越した3スタイルのワインを通じて、ペンフォールズのワイン造りの哲学は、選択肢をオファーしている。2014マギル・エステート・シラーズは豊かな歴史と生産地の感覚を表現している。このワインは独特の個性を持ち、「このヴィンテージ2014を近年リリースされたワインと関連づけるのは極めて難しい。強靭な5.2ヘクタールの畑の妥協を許さない樹の葡萄から造られたワインなのだから。」とゲイゴは言う。コンテンポラリーで秀逸の単一畑の個性は真の強さを示すワインとして際立つのが2015リザーヴ・ビンA・アデレード・ヒルズ・シャルドネは、2016年ジェイムズ・ハリデイ・シャルドネ・チャレンジにおいて、オーストラリアのベスト・シャルドネに選ばれた。2014ビン707・カベルネ・ソーヴィニヨンは多層な優れたワインであり、多様な畑と地域の厳選された葡萄を使って造るペンフォールズのワイン造りの知識と強さを表現しており「組成も舌触りも生き生きとしている。」とゲイゴはコメントしている。.

10月20日(木)にオフィシャルリリースを迎える、ザ・コレクションに選ばれた、より多くのワインが人生のハイライト、節目、記念日のシーンに花を添えていくだろう。2013セント・アンリ・シラーズは、象徴的で落ち着きがあり複雑性を備えたワイン。このヴィンテージリリースは初のコマーシャルリリースから60周年を祝すものである。誇り高い歴史と表現の記念にふさわしいシラーズはセント・アンリである。