マギル・エステートは、1844年まで遡るペンフォールズの生誕地であり、ペンフォールズの歴史、文化、ワインの最高の象徴である。

近年の開発により、豊かな歴史と土地の魅力を保全し、革新をとどまることなく続け、新しいセラー施設とカフェ「マギル・エステート・キッチン」がビジターを魅了している。

ザ・マギル・エステート・キッチンは、新しいコンセプトであり、マギル・エステート・レストランの姉妹的存在として、カジュアルダイニングのスペースでワインに親しむ機会を提供する。共同ヘッドシェフのスコット・ハギンズとエマ・マックキャスキルは、地産の食材を新鮮なまま提供する食文化の構築にフォーカスしている。

畑とアデレード市街を見渡せる景観を提供する新しいマギル・セラー・ドアは、市街地の中にある世界の中でも珍しい単一畑のマジックを祝すべく完璧な立地に新たにオープンした。新たなニュー・セラー・ドアは、高級で洗練された経験を誇らしく提供する。プライベートでありながら開放的なスペースはワインの教育と物語を伝える場所となっている。

ワイナリーの新たなスペースは、修復されたペンフォールズの古い地下道路と調和している。徹底的に復元された道路はワイナリーの頂点を象徴する。

著名な建築事務所「デントン・コーカー・マーシャル」がこの2年にわたる素晴らしい再開発に携わった。この建築事務所はメルボルン美術館、メルボルン・エキシビション・センター、オーストラリア戦争記念館を手掛け、近年ではヴェニスのオーストラリア・パヴィリオンを担当した。

ペンフォールズは、マギル・エステートのオプショナルツアー(セルフツアーまたはプライベートツアー)を提供し、豊かな歴史遺産を心ゆくまで楽しめるようにしている。

  • Penfolds News 2015 Magill Estate Redevelopment Shelf
  • Penfolds News 2015 Penfolds Magill Estate Cellar Door Redevelopment Shelf
  • Penfolds News 2015 Penfolds Magill Estate Redevelopment