ペンフォールズは、第67回エミー賞授賞式にて、オフィシャル・ワイン・パートナーとしてデビューを誇らしく飾った。

ペンフォールズがテレビジョン・アカデミーとパートナーシップを組み、エミー賞受賞候補者、プレゼンター、テレビジョン・アカデミーのメンバー達にワインをサーヴするというのは初の試みであった。これを祝し、エミー賞受賞者には、各々の名前が刻印された特別記念ボックスに入ったビン389・カベルネ・シラーズが贈呈される。

ビン389・カベルネ・シラーズは、よく「ベイビー・グランジ」と言われる。ワインの一部が、ペンフォールズのフラッグシップワイン、グランジの前年ヴィンテージで使用した樽の中で熟成される。

「栄えあるエミー賞授賞式において、ペンフォールズが選ばれたのは大変喜ばしい。」とマーケティング・ヴァイス・プレジデントのバリー・シェリダンが語る。「ペンフォールズは、高級感と高品質の代名詞であり、受賞歴多数のワインをテレビ業界の著名な方々にサーヴできるのは名誉なことである。」

ペンフォールズの幅広いセレクションは、エミー賞のアフターパーティー会場であるガバナーズ・ボールでゲストが集うペンフォールズ・バーでもサーヴされる。