ペンフォールズ・マギル・エステート・レストランは、美食界の中で先導的な位置付けのグルメ・トラベラー・マガジンが選ぶオーストラリアのトップ10レストランの一つに選ばれている。

前夜シドニーのディナー会場で賞が公表され、レストランは毎年優秀なレストランに選ばれるトップ100の第10位に選ばれた。

マギルの共同シェフであるスコット・ハギンズとエマ・マックキャスキルは、人気の高い賞である「ベスト・ニュー・タレント」の受賞を祝った。国際的な舞台で上質の食を目指すエキスパート達の審査によって選ばれ、スコットとエマの料理は「繊細で優雅、そして絶対的な説得力がある。」と評されている。

「極めて名誉であり、チーム全体が非常に誇らしく思っている。」とエマはコメントしている。「オーストラリアの主導的レストランとして認められること、強大な会社に属していることは実に特権である。」

ペンフォールズ・マギル・エステート・レストランは、ロンドンで開催された2014レストラン&バー・デザイン・アワードにおいて、オーストラリアと太平洋地域のベスト・レストラン・デザインに選ばれた。この賞は、メルボルンを拠点にしたデザイナーパスカル・ゴメス=マクナブのコンテンポラリーなアプローチを称する。彼は、昨年レストランのリニューアルオープンに際して、美しいインテリア、装飾、家具のデザイン製作を手掛けた。フードとドリンクに特化したデザイン賞は世界をみてもこのイベントのみなので、この素晴らしい業績と受賞は大変希少である。

大規模な再開発計画の下、昨年リニューアルオープンしたペンフォールズ・マギル・エステート・レストランは、コンテンポラリースタイルの料理、素晴らしい景観、模範的なサービスを提供するレストランとして広く認識されている。