バック・トゥ・ザ・フューチャー

ペンフォールズの酒精強化ワイン造りは、1850年代まで遡る歴史と南オーストラリアのマギル・ワイナリーを創設したDr.クリストファー・ペンフォールドによる初の植樹を示している。酒精強化ワインの醸造方法は現在のペンフォールズにも継承されており、トゥニー・スタイルと共に独自のスタイルを大切にするブレンディングの多様な側面が相乗効果となっている。

50イヤーオールド・レア・トゥニーは、クリエイティブで芸術的な試みを祝すという以上の意味合いを持つ。同じ目標を持つペンフォールズ・ワインメーカー達が世代を超えて結束するペンフォールズの哲学を最高の形で表現している。

ペンフォールズの精神は、実績をもって証明された伝統、スタイル、革新、品質、全てを賞賛している。約1世紀前の1915年の卓越したヴィンテージを大切にするように。50イヤーオールド・レア・トゥニーを抜栓する時、最良のヴィンテージワインを確保し次世代へ繋ぐワインメーカーの精神とエネルギーに触れることができる。

評判の高いオーストラリア人ガラス工芸家ニック・マウントは、ワインの価値に相応しいボトルをデザインすることにコミットした。機械による作業ではなく、巧みな吹き作業と手作業を経て作られたことの証である。

手作業によるガラスの吹きの技術と情熱、酒精強化ワインを造る時に使われた歴史古い樽から作られた木製ストッパーの緻密さ、多大な時間を要するクレストを各々に嵌め込む作業とミュズレ一つ一つを手作業でひねる作業、これらの職人技により、待ち望んだトゥニーのために美しく仕立てられた。

  • Penfolds Collaborations Rare Tawny Bottle
  • Penfolds Collaborations Rare Tawny Hands
  • Penfolds Collaborations Rare Tawny Materials
  • Penfolds Collaborations Rare Tawny Production